おすすめグッズ

AirPods Proを傷つけないために、併せて買いたいアイテム2選

 

AirPods Proは白いころんとしたボディが魅力の一つですよね。
他社のワイヤレスイヤホンは黒のちょっとメカメカしいデザインが多い中
シンプルな外観はAppleの専売特許のような気さえしてきます。

しかしながらこの白いデザインにもデメリットが。

外側が傷つきやすい
内側に黒い汚れがつきやすい

 
AirPodsを使ったことのある人なら一度は思ったことがあるはず。

iPhoneもそうですが、裸で使うのが一番シンプルで美しいのはわかっています。
ですが出来るだけ外観は綺麗に保ちたいところ。

AirPods Proを綺麗な状態で使い続けるために、
おすすめのアイテムを2種類ご紹介します。

 

AirPods Proのレビュー記事はこちらから!

AirPods Proレビュー:生活に溶け込みすぎたイヤホン。 AirPods Proが発売されてから半年以上が経ちましたがいまだにイヤホンといえばAirPods Pro!AirP...

“ケース”でAirPods Proの外側を綺麗にたもつ

AirPods Proの外見を綺麗に保つためにはやはりケースの購入が必須。
Apple製品はケースの種類が豊富なところも魅力的ですね。

 

こちらのシリコンケースは999円。
金額的にも手が出しやすく、
AirPods Proのシンプルさを邪魔しないデザインになっています。

ケースの着脱も簡単でした。
蓋の部分と下は全て繋がっているので、蓋だけ外れてしまうこともなさそうです。

素材はシリコンですが手触りはサラサラしていて、埃などは付きにくいです。
充電中のランプもケースの上から確認できます。
ワイヤレス充電も問題なし。

特に気に入ったのは、ライトニングケーブルの挿入口にもカバーがあることと、カラビナ付きということ。

カラビナはあると何かと便利で、バッグの取っ手につけたりなどして紛失を防ぐことができます。

 

“ダストガード”で内側もしっかり保護する

AirPodsは初代からの課題がありまして。
長く使っていると、内側に黒い汚れが付着しやすいところ。
これは砂鉄のようなんですが、掃除しても落ちにくい….

開けた時の見栄えも悪いので、ダストガートはぜひ装着しておくことをおすすめします。

私が購入したのはこちら。
3枚入りなので、汚れても取り換え可能です。

 

色はローズゴールドを選びました。

メタリックな色ですがAirPods Proのシンプルさは邪魔しません。
薄いのでケースの着脱にも問題ありませんでした。

これなら砂鉄がつくこともないんじゃないかなと思います。

 

名前を刻印したAirPodsには、ケースもダストガードもクリアなものを

私は外も内側もピンク色にしましたが、
元々のホワイトを保ちたい方や、AirPods Proに名前を刻印した方には透明なケースがおすすめです。

 

こちらはTPUケースなのでプラスチックのものよりも
丈夫な素材になっています。カラビナ付き。

ダストガードにもクリアカラーがあります。

 

透明なので少し貼るのが大変かもしれませんが
汚れを防止しつつホワイトカラーを保つことができますね。

AirPods Proを美しい状態のまま長く使おう

AirPodsは外観も中身もシンプルなのが魅力ですが
傷つきやすいことが弱点でもあります。

紹介したケースやダストガードはすぐに外すことができるので
取り換えも簡単です。

 

傷つくのを恐れるあまり持ち運びに気を使うくらいなら
装備をマックスにして外でガシガシ使っちゃいましょう。