セブ留学

セブ島留学:ブルーオーシャンアカデミー。3ヶ月留学の体験記

title-img

 

こんにちは、神田(@kang1118)です。

セブ島での留学生活を終えました。
とっても充実したひと時を過ごすことができ、
私自身本当に満足しています。

 

今回は3ヶ月の留学体験記をお届けします。

この記事を読んで欲しい人
  • セブ留学に興味のある方
  • 語学学校探しをしている方
  • フィリピンで留学ってどうなの?と思っている方

 

3ヶ月間という短い期間ではありましたが、
大金を払っても、留学して本当によかったと心から思います。

 

それではどうぞ!

 

 

留学期間とコース

  • 語学学校名:セブ ブルーオーシャンアカデミー
          (http://cebublueocean.com/ja/)
  • 留学地域:セブ島
  • 留学期間:12週間
  • コース:General ESL

 

留学期間には満足しているか

「英語力の向上を留学先で実感するには3ヶ月あると良い」
という話をエージェントの担当の方から伺って12週間に決めました。

今回の留学はSchool Withで申し込みました。

 

LINEで相談をしていたのですが、レスポンスも早く印象が良かったです。
各学校の詳細も一番詳しく見ることができると思います。

 

結果、3ヶ月間は非常にちょうど良い期間だと思います。
2ヶ月目を半分過ぎたあたりから、
「もしかして英語少し話せるようになってるかも…?」という実感が湧くようになり
入学当時はマンツーマンレッスンでも英語を積極的に話せずもどかしい気持ちでしたが、
最終月には先生たちとお昼ご飯を食べたり、
他国の生徒ともたくさん話せるようになっていました。

 

3ヶ月も時間がない、という方も問題ありません。
短期留学も十分に成果を得られると思っています。

ブルーオーシャンアカデミーはカリキュラムの関係上最短2週間なのですが
2週間、1ヶ月留学の生徒も非常に多かったです。

 

 

学校について

ブルーオーシャンアカデミーを選んだ理由

最初はセブシティのスパルタ校に行く予定でした。
しかしあるとき、寮からの写真を目にしてしまったのです。

 

寮からの景色。

 

ブルーオーシャンアカデミーを調べると、
海沿いでこんな綺麗な景色が毎日見れることを知り、
リゾート留学に憧れていた私はここに決めました。

 

もちろん立地や風景だけではなく、生徒数が100人を超える大規模高で
カリキュラムもしっかりしていること、多国籍学校でだということなども理由の一つです。
セブにはたくさんの語学学校がありますが、海沿いにある学校はわずか。
セブシティにももっとカリキュラムに力を入れた学校はたくさんありましたが、
初めての留学ということで、落ち着いた生活が送れる環境を優先しました。

結果、この学校を選んで正解だったなと思っています。

 

特に良いと感じた点

学校の雰囲気がよかったことです。

先生たちの質も良く、授業も一人一人の先生が工夫を凝らした授業をしてくれました。
話す中で間違った文法や単語はその場で指摘を入れてくれたり、
いま学んでいる文法やフレーズを使った会話練習をしてくれたり。

もちろん授業だけではなく、先生たちはとってもフレンドリーで
ブレイクタイムに話をしたりやご飯を一緒に食べたりなど、
一緒の時間を過ごすことも多かったです。

 

また生徒の質もかなり良く、私が留学している期間は長期休みの期間ではなかったため、
社会人の割合が非常に多かったです。

留学前は、学生ばかりだったら浮いてしまうかも、と考えていましたが
全くそんなことはなく、お互いの仕事のことやこれからのことを話していく中で、
モチベーションを高め合うことができました。

 

スパルタ校ではないため、自習は強制ではありません。
門限こそありますが、厳しいとは思いませんでした。

基本真面目に勉強、でも遊ぶときは全力で遊ぶ
そんな雰囲気の学校です。

 

またスクールナースが常駐していたり、日本人スタッフがいることなど
学校内のシステムも整っている印象を受けました。

 

悪いと感じた点

滞在する寮については少し悪い点がありました。

滞在先は敷地内にあるホテルなのですが、時折お湯が出なくなったり、
水の出が悪いことがありました。
また、部屋のWi-Fiが弱いことも不便に感じる瞬間がありました。

 

講師のなまりは気になる?

先生によって、アクセントの違いはありましたが、特に気にはなりませんでした。
先生は基本はっきりと英語を話してくれるので、リスニング力の向上には役立ったと思っています。

フィリピンは基本アメリカ英語なので、
イギリス英語に慣れている人にとってはちょっとやりにくい、
と感じることもあったようです。

 

講師の質や授業数は満足?

先生によって教え方は異なりますが、みんな工夫して授業を楽しくしようと努力されているんだなあと感じました。
先生と合わないと変更している生徒もいましたが、相性なのでなんとも言えません。
ただ、変更には柔軟に対応している印象です。

7コマのレッスン数に不安もありましたが、丁度良い疲労感と、一にちにこんなに英語を話している….と感動しました。笑

 

また、グループレッスンは同じ英語レベルの人と組むので、
レベルの差に焦りを感じることがなかったことがとても良かったです。
最大人数も4人なので、話す機会もたくさんあります。

自分が出来ないことはみんなもできない、誰かの英語力に引っ張られるおことがなく、
「みんなで」授業を受けている感じがしました。

 

選んだコースは満足?

私はGeneral ESLというコースを選択しました。

英語の基礎力を総合的に上げるカリキュラムになっていて
スピーキングはもちろん、文法、ライティング、発音など、
7コマすべて授業内容が異なっています。

中でも発音の授業は評判が良く、先生がジャパングリッシュを徹底的に直してくれます。

 

初・中級者にはとても良いコースだなと感じましたが
英語力が元々ある人にとっては少し退屈な部分があるかもしれません。

元からそこそこ英語力のある人は、ビジネスコースなど、上のコースを選択した方が良いと思います。
ビジネスコースにはプレゼンテーションのカリキュラムがあるので、英語でプレゼンをする力を身につけたい方はオススメです。

 

セブという場所について

セブ島の印象

今回セブ島には初めて訪れました。

気候は一年を通して夏、日本より湿度も少ないため 比較的快適に過ごすことが出来ました。

また、セブ島は「リゾート地」という印象が強かったのですが、
セブシティは巨大なモールがいくつもありかなり都会的です。
観光地や綺麗な海もたくさんあり、沖縄っぽいなとも思います。

 

しかし、トイレットペーパーは流せないし、
道路整備が整っていないところも多いため、
東南アジアだなあと感じるところも多々。

 

物価は言わずもがな安いですが、ショッピングモールに売っている洋服や
レストランの料金は日本とそんなに変わりません。

ローカルなレストランは非常に安いです。

 

学校内・学校外の治安に問題はなかったか?

学校入り口や寮にはガードマンが常駐していますし、
滞在する寮は一般観光客もホテルとして利用しているので
敷地内の治安が悪いとは思いませんでした。

 

一歩外に出ると、整備があまりされていない道路を車がたくさん走っており、
最初は夜間に外に出るのが怖かったです。

また横断歩道がないため、道路をタイミングを見計らって渡る必要があったり、
ジプニーのクラクションやマッサージ、観光の勧誘で現地の人に声をかけられることも多々。

最初は少し怖かったですが、2週間もすればなんのことはありませんでした。
ローカルレストランの店員さんと仲良くなったり、基本現地の方はとってもフレンドリーです!

 

英語力について

英語力アップは実感できた?どのような瞬間に感じた?

入学したときは10段階(最高レベル8)あるレベルのうち3。下の上。

卒業時にはレベル5まで上がりました。

 

4週が終わるタイミングで、レベルアップテスト(リスニングとスピーキングのテスト)
を受けるのですが、勉強の成果をしっかりスコアで確認することができます。

どのアクセントが弱いか、スピーキングで文法が間違っていた箇所…など
細かい指摘が書かれているので、次回の課題にもなります。

 

感覚としては2ヶ月が過ぎたあたりで、
最初の4週よりも先生とコミュニケーションが取れている という実感がありました。

最初の1ヶ月目は先生の言っていることもなかなか理解できず
返事をするのにも一苦労でしたが、英語で授業を受ける中で
日本語脳ではなく「英語脳」に切り替わっていったのだと思います。

 

また2ヶ月目に、台湾の友人に「日本語訛りがなくて綺麗な発音だね」
と言って貰えたことがとてもうれしかったです。

 

留学生活の思い出

友達がたくさん出来たこと。

 

正直、友達との交流はそんなに重きを置いていませんでした。
勉強しにきたんだし、社会人だし、遊びに行く友達はできないかな、と。

 

しかし、日本人はもちろん、台湾人、韓国人など多くの友人ができたのは本当に嬉しかったです。
一緒に週末旅行に行くくらい仲良くなりましたし、卒業した今も頻繁に連絡を取っています。

 

フィリピンの美しい島々に行けたこと。

オスロブのジンベエザメや、モアルボアルのウミガメと一緒に泳いだことなど、セブ島では日本ではできない体験をすることができました。

 

オスロブのジンベエザメ。

 

留学に来なければ、フィリピンのリゾート地といえば「セブ島」と思っていましたが

フィリピンにはセブ島以上に美しい海をもつ島々がたくさんありました。
ボラカイ島やパラワン島、シキホール島などでは、
セブ島以上に綺麗な海を見ることが出来ました。

 

 

もしまたセブ島に行く機会があるのなら、またこれらの島々に足を運びたいです。

 

辛かった思い出

風邪を頻繁に引いたこと。

環境のせいで、多くの日本人がお腹を壊したり、風邪を引いていました。

またインフルエンザにかかり、病院に入院したのも痛い思い出です。
海外旅行保険のおかげで、実費にはならなかったので、海外旅行保険の大切さを改めて感じました。

  

留学全体の満足度

 

100%!!!

3ヶ月では決してペラペラにはなりません。

ただ、留学に来て、英語を喋る環境に3ヶ月いた!ということがとても自分の活力と自信になっています。

またかけがえのない友人や先生と出会ったことも大きかったです。

 

きっと多くの生徒が同じことを感じていると思います。
その証拠に、留学期間を延長したり、リピーターの人もいました。

 

総合評価

授業マンツーマンレッスンの満足度★★★★★
 グループレッスンの満足度★★★★
 講師の質★★★★
学校・寮の環境部屋の清潔度★★★★
週3回清掃員が部屋に来るので
部屋は清潔に保たれています
 トイレ・バスルーム★★★
水の出が悪い、お湯が出ないことが
たまにありました。
 ジム・カフェなど★★★★★
無料で使えるジムがあったこと
カフェは多くの種類がありました
 インターネット環境★★
部屋のWi-Fiの速度が遅いです
 食事★★★★
学校の雰囲気スタッフの対応★★★★★
日本人スタッフがいる安心感
学校生活のことなど親身に相談に乗ってくれました
 生徒の質★★★★★
 学校の立地★★★★

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

セブ島留学は他の国と比べてそこまで高くはなく、
留学期間も一週間〜と、行きやすいと思います。

 

興味がある方、ぜひ調べてみてくださいね!