セブ留学

ブルーオーシャンアカデミーの生徒は生活もリゾート気分?滞在中の寮をご紹介します。

title-img

 

こんにちは、神田(@kangtra_1118)です。

現在セブ島にある語学学校
ブルーオーシャンアカデミー(Cebu Blue Ocean Academy)
リゾート留学生活を満喫しています。

フィリピン留学では、ほとんどの学校が寮を用意しており、
生徒は各々の寮で生活しています。
ブルーオーシャンも例外ではありません。

ですが、ブルーオーシャンアカデミーは「ホテル滞在」。
一般観光客が使っているホテルの中に寮が存在しているんです。

学校のカリキュラムだけではなく、
生活場所も留学生活をするにあたっては
気になるところですよね。

そこで今回は私の滞在する寮についてご紹介します。

この記事を読んで欲しい人

  • ブルーオーシャンへが気になる人
  • 留学生の滞在する寮がどんなところか知りたい人

留学エージェントのホームページには、
校内の写真はあっても、寮の写真はあまりありません。
今回は実際に私が滞在している部屋の様子をお届けします。

部屋からの景色です。素敵でしょう?

ブルーオーシャンアカデミーで生活をすれば
間違いなく毎日こんな綺麗な海を見ることができるのです。

生徒はどこに滞在するの?

ブルーオーシャンアカデミーの生徒は、
学校の敷地内にある【EGIホテル】の一部を寮として利用しています。

※外部寮はありますが、殆ど利用している人はいないです。
併設されている量があまりに便利なので、外部寮にメリットを感じません。

EGIホテルは、三つ星ランクのホテルで一泊およそ8000円ほど。

ホテルなので、当然ながら一般観光客もいます。
ですが、特に気にならなかったです。

宿泊客は韓国人が多め。というかほとんど韓国人観光客です。

部屋の種類

生徒は部屋のタイプを三種類から選ぶことができます。

一人部屋
二人部屋
三人部屋

三人部屋が上限です。

友人やご夫婦は部屋が空いていれば同室にすることも可能。
価格は当然一人部屋が1番高く、三人部屋が最も低価格です。

GeneralEFLコースで1ヶ月留学した場合

一人部屋:¥216,000
二人部屋:¥185,000(オーシャン側)
二人部屋:¥175,000(シティ側)
三人部屋:¥169,000

※school with より料金抜粋

部屋によって値段が変わることがわかります。
一人部屋と三人部屋とではかなりの価格差がありますね。

ホテルから学校まで

ホテルと学校は同じ敷地内にあります。
そのため特段買い物や外食をすることがなければ、外に出ることはありません。

ホテルから学校まではエレベーターに乗ることを考えても5分くらい。

シティの学校の中には、寮と学校が別々の場所にあり
バスなどで通うところもあるそうですが、そんな必要もありません。

朝起きて、そのままGO。です。

授業のない時間に、部屋に帰って少し休むことも可能。

人によって授業の時間割が違うためか、朝からホテルが生徒でごった返すとか
そういったトラブルもありません。

滞在する部屋はこんな感じ

部屋の中

部屋の中はこのような感じになっています。

お分かりいただけるでしょうか。

 

ベッドの距離ちっか。

※シーツの柄は気にしないことです。

部屋の大きさは一般的なホテルの広さ。

ベッドは通常二台のところを無理やり三台入れているので
ベッド同士の距離が近いです。

ベッドサイズはシングル。

マットレスは硬すぎず柔らかすぎず丁度良いと感じましたが
枕は中身が全て綿なので、割と柔らかめ。

 

部屋には一人一台机があり、勉強や化粧などするプライベートスペースは確保できます。

机付近にはコンセントを差す場所もあり。(2ポート)

またベッド下には高さ20cmくらいの収納スペースがあり
鍵をかけられるようになっています。

鍵本体はついていないので、鍵をかけたい人は細めの南京錠を持参すると良いでしょう。

部屋にあるもの

  • ベッド
  • 簡易流し
  • 小型冷蔵庫
  • クローゼット(ハンガーなし)
  • ベッド下収納

部屋の詳細まとめ

部屋の広さ:一般的なホテルの大きさ

ベッドサイズ:シングルサイズ

ベッドの硬さ:普通

:柔らかめ

クローゼットの大きさ:小さめ

机の使い心地:悪くない。勉強するには十分な大きさ。
       コンセントもさせるので使用には申し分なし。

バスルーム

バスルームはこんな感じ。

トイレと、バスタブ。
一応独立バスタブはありますが、シャワーで良いかな、というレベル。

当然ながらトイレットペーパーは流せないのでゴミ箱にポイ。
寮の部屋はトイレットペーパーがついていないので、各自で購入が必要です。

シャワールーム。

シャワーカーテンで仕切る形のシャワールーム。
水の勢いはそこまで強くありません。

もちろん洗面台もありますよ。

バスルームまとめ

トイレ:普通。ホース型のウォシュレットあり。
    トイレットペーパーは流せない。
    トイレットペーパーは各自で用意する必要あり。

バスタブ:独立しているがトイレの隣にあるため使用には不向き。

シャワールーム:普通。カーテンと段差で仕切られている。
        ごく稀にお湯が出ないことあり。

部屋の清掃・修理サービス

寮の部屋は1週間に2回の清掃があります。
そのため基本的に部屋は綺麗に保たれています。

ちなみにシーツと枕の交換は4週に1回
気になる方は枕カバーを持参したり、シーツは洗濯に出すと良いです。

もし部屋の備品が壊れてしまった際は、
学校に修理要請リストがあり、申告すると直してくれます。

どの部屋がおすすめ?

一番のおすすめはやはり一人部屋でしょう。

完全にプライベートが確保されているので、一人の時間が欲しい方
部屋では一人で過ごしたい方は一人部屋を選ぶと良いです。

留学中は完全に一人の空間がほとんどありません。
なので一人の時間が欲しい方、留学中も仕事などをする方は
一人部屋を選ぶと快適です。
その分値は張りますが….

ご夫婦や友人と来る方は二人部屋もおすすめ。
気心の知れた人となら、二人部屋でも気兼ねないでしょう。

一人で来ている方は正直二人部屋でも三人部屋でも大きな違いはないかなと感じました。

価格重視の方は1番安い三人部屋がベスト。
他の語学学校だと6人とか結構多い人数の部屋になることも多いようですが
一つの部屋で過ごすなら3人くらいがちょうど良いのかなと思います。

三人部屋でもプライベートはほぼありませんが、
友達がすぐにできるというメリットがあります。

同室になるのは日本人とは限りません。
手っ取り早く英語環境に身を置くには、
三人部屋にして自室でも積極的に英語を使うようにすると良いでしょう。

部屋を選ぶ際の注意

ブルーオーシャンアカデミーで1番推されているポイントが

海沿いにあること」なのですが、海が見えるのはホテルから。
学校は海に面していないので、ホテルの部屋か、海に行って見ることになります。

そして、全ての部屋がオーシャンビューではありません。

全ての一人部屋、一部の二人部屋はシティビューになります。
もしシティービューを選んだ場合は部屋から海を見ることが出来ません。

もし部屋から見える海を期待している方がいたら
オーシャンビューの部屋を選ぶようにしましょう

部屋での生活

私は現在三人部屋で生活をしているので、ルームメイトが二人います。

どちらも台湾人。そのため部屋での会話は英語。
最初こそ緊張しましたが、1ヶ月もいれば慣れました。

部屋での生活で1番気になってしまうのが各々の生活スタイルの違いです。

特に就寝時間

もし自分がいつも22時には就寝していても
ルームメイトは24時まで起きていれば、部屋の電気はついています。

共同生活に慣れてない方にとってはまあまあストレスに感じることだと思います。

アイマスクなどを持参して、自分の生活リズムは確保してくださいね。

また、部屋のエアコンが28度設定でもまあまあ寒いです。

そのためエアコンが苦手な方はタオルケットのようなものを別途持参すると良いです。
私はエアコンがあまり得意ではないため、薄いブランケットを被って寝ています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

学校と同じ敷地内にあり、海沿いにあるホテルで毎日快適な生活が送れます。

オーシャンビューの部屋なら朝焼けと海を見ながら起きるなんてことも。

シティの学校では絶対に味わえない生活を送れるはずです。

ぜひブルーオーシャンアカデミーで、リゾート留学生活を送ってみませんか?