ひとり旅のアレコレ

海外航空券の、パスポート番号・生年月日を間違えたら訂正できる?

image-passport

 

こんにちは、神田(@kang1118)です。

海外航空券を購入する時って、最近は旅行会社カウンターではなく、
インターネットから自分自身で検索し、情報を入力し、予約・支払いをする機会が多いです。

手入力するのですから、間違えてしまうこともあるでしょう。
しかし、渡航者情報(実際に旅行に行く人)の情報は慎重に入力したいところ。

 

先日、名前を間違えた場合についての記事をアップしました。

https://kangtra.com/spellmiss/

 

名前のスペルの他、入力間違えをしやすい項目があります。

それが「生年月日」と「パスポート情報」です。
特にパスポート情報はアルファベットと数字が混ざっており、結構間違えている人が多いです。

名前の間違いもそうなのですが、パスポート情報はもし生年月日やパスポート情報の情報を間違って入力してしまった場合、訂正はできるのでしょうか?

神田
神田

生年月日とパスポート情報は訂正できます。
ご安心を!

変更方法、無料か有料かなどを以下で解説していきます。

それではどうぞ!

 

航空券の購入する際に必要な情報

インターネットで旅行を予約する際に基本的な必要がコチラ。

・名前(ローマ字)
・生年月日
・パスポート番号・有効期限
・電話番号
・メールアドレス

実際航空券に影響が出るのは、そのうち3つ。

  • 氏名(ローマ字)
  • 生年月日
  • パスポート番号・有効期限

全てパスポートの中に記載されている情報です。
名前を間違えてしまった場合は、基本的に変更不可。
変更できたとしても手数料が掛かってしまいます。

 

では名前以外の情報はどうなるでしょうか。 

 

生年月日・パスポート番号の訂正はできるか

航空券を購入後に、生年月日やパスポート番号の入力間違いに気づいた場合は

 

訂正可能です。

もちろん手数料などは不要。
予約した旅行会社・航空会社に連絡し、訂正して貰いましょう。

 

なぜ名前だけが変更不可(有料)で、その他の情報は変更できるか、その理由をご説明します。

航空券を予約した際、
システム内では日付搭乗便旅客氏名を確定している情報として登録します。

この情報は航空券のベースとなる情報のため
そう簡単に変更はできません。
出発日を変更するときに、変更手数料がかかりますよね。
名前も日付と同じ確定した情報なので、同じように手数料がかかってしまうのです。

しかしその他の情報については、補足情報となるため確定にはなりません。
実際の搭乗便にも影響が出ず、訂正が可能なのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

生年月日・パスポート番号/有効期限は変更可能

 

すぐに変更可能だからと言って放っておくのはよくありません。
当日間違いがわかった場合には、変更するのに少し時間がかかってしまいます。

予約した後は必ず予約情報を見直して、
間違えた場合はなるべく早めに訂正してくださいね。